40代からの筋トレ

最近代謝が落ちている気がする。年齢が上がるにつれてそのようなお悩みをお持ちの方が増えてきますよね。健康でいるためには代謝を上げることは重要です。中高年こそ運動は必要ですし、40代からでも運動は始められるのです。それでは40代からのスポーツジムでのフィットネス方法はどのようなものなのでしょうか。

スポーツジムで代謝を上げるために必要な運動は筋トレです。筋肉を付けなければ代謝は上がりませんので、まずは筋トレに挑戦するのが良いでしょう。しかし、40代からの筋トレには気を付けなくてはいけない点があります。まずは、正しいフォームで行うことです。筋トレをするにも正しいフォームで行わないと怪我をしてしまったり、効果が出なくなってしまったりとデメリットしかありません。また、40代ともなると関節や軟骨を怪我しやすくなります。そのため、極端に重いウェイトや一つの関節しか動かさないトレーニングは危険ですので、出来るだけ適切なウェイトで複数の関節を動かす筋トレを行うようにしましょう。

ウォーミングアップついつい筋トレがメインになり、ウォーミングアップがおざなりにする人も多いです。しかし、40代は若い頃に比べ腱や筋肉の柔軟性が低下しているため、けがのリスクが増えます。そのため、ウォーミングアップは必ずしっかりと行うようにしましょう。基礎代謝を上げるためにジムでの筋トレは重要ですが、怪我をしてしまっては元も子もありません。そのため、40代から筋トレを始める場合は怪我を防止するため、ウォーミングアップをしっかりし、一つの部位に集中しすぎないように筋トレをするようにしましょう。

筋トレでメタボ予防

メタボを気にし始めて、スポーツジムに通おうと思っている方は多いのではないでしょうか。メタボになる前に予防が出来ればいいですよね。それではスポーツジムでのフィットネスで効果的な運動はどのようなものがあるのでしょうか。

メタボスポーツジムでメタボ予防に効果的なのは筋トレです。スポーツジムでは有酸素運動やストレッチなど様々なことができますが、メタボ対策には筋トレが良いです。その理由としては、脂肪を減少させやすくし、筋肉を付きやすくする役割があるホルモンでテストステロンの分泌を促してくれることや、筋肉を付けることで基礎代謝が増えることです。筋トレをすれば筋肉が増えるため、基礎代謝量が増え、メタボの予防になります。

メタボには筋トレということが分かりました。それではメタボ予防&改善のためのメニュー・鍛えたい部位についてご説明します。代謝やエネルギー消費の観点から効率を考え、メタボには大きい筋肉を鍛えるのがいいでしょう。ここでいう大きい筋肉とはお腹や胸、背中下半身(お尻と太もも)以上の4つの筋肉になります。また、テストステロンの分泌にはコンパウンド種目(複合関節種目)が効果的です。これを行うことにより、複数の筋肉を鍛えることが出来るので、エネルギー消費の面も効率も良いです。具体的なメニューはベンチプレス(胸)や懸垂(背中)、スクワット(下半身)、デッドリフト(背中)などのメニューです。筋トレはテストステロンの分泌を促し、痩せやすい体を作ってくれます。メタボになる前に、スポーツジムでのフィットネスを検討してみてはいかがでしょうか。

中高年こそ筋トレ

フィットネスという言葉の意味をご存知でしょうか。漠然と運動することだろうな、と考える方が多いかと思いますが、フィットネスは健康のための運動のことです。現代は生活習慣病の方や運動不足の方が増え続け、体の悩みを持っている方が多いです。特に40代や中高年ともなるとメタボや運動の仕方で悩んでいる方も多いでしょう。メタボも運動不足もスポーツジムで筋トレを行うのが有効です。自宅でも筋トレはできますが、自分を甘やかしてしまうことや、正しい知識を持った人間がいないことが多いため、スポーツジムで筋トレを行うのがおすすめなのです。

ベンチプレスメタボを予防&改善するにはまずは太りにくい体を作ることが重要です。その為にはテストステロンの分泌を促すこと、筋肉量を上げる事で、太りにくい体を作ることが出来るのです。体全体の筋肉量を上げるためには、まずは大きい筋肉から鍛えることで、効率的に筋肉を増やすことが出来ます。例えばベンチプレス、懸垂、スクワット、デッドリフトは体の大きい筋肉を鍛えることが出来ますので、こちらを中心にメニューを組むのが良いでしょう。

理想的な筋肉を作りあげるため、筋トレ前にはウォーミングアップの時間をしっかり設ける事が重要です。また、筋トレのメニューは一つの関節にばかり負担をかけてしまえば当然怪我のリスクが上がりますので、複数の関節を動かすコンパウンド種目を行い、正しいフォームを意識しましょう。中高年の方はこの機会に筋トレで悩みを解消してはいかがでしょうか。